岐阜県岐阜市長良にある、一般歯科・小児歯科・訪問診療を中心とした、長良ヶ丘歯科の
公式ホームページです。

長良ヶ丘歯科 お母さんも安心の歯医者さん
058-295-0020
一覧へ戻る

歯科医院のホワイトニングとエステサロンのホワイトニングの違い

ワイトニングとエステサロンのホワイトニングの違い

最近では、エステサロン等でも行われているホワイトニングですが、歯科医院で行うホワイトニングと何が違うのか聞かれる事も多いため、エステサロンでのホワイトニングとの違いについてお伝えしたいと思います。

ホワイトニングの仕組みについて
まず、ホワイトニングの仕組みをお伝えします。
ホワイトニングは、基本的に過酸化水素により歯を漂白します。

過酸化水素は医薬品であるため、歯科医などの免許を持った人でないと法律上使用できません。

エステサロンでのホワイトニング

エステサロン等で行っているホワイトニングは何をしているのかというと、主に歯の表面の付いている色の除去です。
歯の表面の黄ばみに対しては一定の効果は見られますが、日本人に多い歯自体が黄色い人の場合、ホワイトニング効果は弱くなります。

また、歯に光を当てる事も多いのですが、これは酸化チタンを触媒として過酸化水素の漂白作用を促進させる為に行うものなので、過酸化水素を使用していないホワイトニングでは効果はありません。

ポリリンプラチナホワイトニングの場合

エステサロンでもポリリン酸ナトリウムを使用することは可能ですが、ポリリン酸ナトリウム自体には漂白効果はありません。
ポリリン酸ナトリウムは、歯の表面の黄ばみを落とす作用はありますが、歯自体を漂白する効果は無いため、ポリリン酸ナトリウムだけではホワイトニング効果は弱くなります。

歯科医院で行うポリリンプラチナホワイトニングの場合、過酸化水素にポリリン酸ナトリウムを配合することで、表面の黄ばみを落とし、歯そのものを漂白し、さらにコーティング効果をだしているため、ホワイトニング効果が高いと言えます。

歯科医院のホワイトニングとエステサロンのホワイトニングの違いまとめ

より高いホワイトニング効果を求めるのであれば、歯科医院でのホワイトニングがオススメです。
エステのついでにホワイトニングをしたい方や、歯の表面に着いた黄ばみだけでもいいから落としたい方であれば、エステサロン等でのホワイトニングでも大丈夫です。

最後に注意してもらいたいのが、歯科医の資格を持たないエステサロン等でも過酸化水素を使ってホワイトニングを行っている所があります。
虫歯や歯にヒビが入っていたりすると、知覚過敏になったり歯を痛める原因となります。
また、過酸化水素を使えない体質の方などもいます。
歯科医院でホワイトニングを行う場合、歯を治療や体質のチェックなども行ってからホワイトニングを行うので問題ありませんが、そうでないところでは健康被害の恐れもあります。
注意しましょう。

一覧へ戻る
ご不明な点はお電話で 058-295-0020