岐阜県岐阜市長良にある、一般歯科・小児歯科・訪問診療を中心とした、長良ヶ丘歯科の
公式ホームページです。

長良ヶ丘歯科 お母さんも安心の歯医者さん
058-295-0020

医食同源

13

医食同源の意味って知っていますか?? 辞書を調べると 「病気を治療するのも日常の治療もするのも、ともに生命を養い健康を保つために 欠かすことのできないもので、源は同じ」 という考えで、もともと中国の薬食同源に基づく造語だそうです。   噛み砕いていうと、バランスのいい食事を心がけることで病気を予防できる ということではないでしょうか。 では食事を取るのはどこから??ということになってくると 口からになりますよね。   実際80歳の方の歯がある方とない方の医療費の違いは 2倍近 […]

詳細はこちら

おやつと歯?

howtoeat_2

「こどもにお菓子をあげていいの?」 って聞かれることがたまにあるのですが そういう疑問を持った方は多いでしょうか?   この質問においては   食べることは成長につながることになるので 回数を決めて、長時間口の中に入れていなければ 好きなものを食べていいです。 ただし、食べた後にはちゃんと歯磨きをすること! (30分ぐらい開けてからか水でゆすいでから)   と説明しております。     虫歯になる原因として 歯の質 虫歯菌(ミュータンス菌) 糖 […]

詳細はこちら

知覚過敏とは

52

歯に虫歯がなくても「知覚過敏」で歯がしみる!   今まで何もなかったのに冷たいもの飲んだからたまにキーンとした 痛みが出るけど、しばらくしたら落ち着く という症状を感じたことはありませんか?   夏場はどうしても汗をかくので 冷たい飲み物、食べ物を摂取する機会が多く 症状を訴える方が増えています。   冷たいものだけでなく、酸味のものであったり 歯ブラシが当たるだけでも痛みがでてしまいます。   歯の構造として エナメル質という非常に固い素材で表面覆われて […]

詳細はこちら

夏季休業日のお知らせ

8月15日~17日まで休業日とさせていただきます。   12日、13日は通常通り営業しております。   18日(木)から診療再開となります。   よろしくお願い致します。

詳細はこちら

歯磨き粉

歯磨き粉はどれがいいの?   これも前回のテーマで書かせていただいた歯ブラシと同じように 聞かれることが多いです。   薬局等に行くと、いろいろな種類の歯磨き粉が置いてあって どれを選べばいいのか迷うことはありませんか?   選ぶ基準としてはまずあなたが何を求めているのか?ということです。 大きく分けて ・虫歯ケア ・知覚過敏ケア(冷たいものにしみる) ・歯周病ケア の3つになると思います。   まず共通のもので、成分の中で見てほしいものは 研磨剤と発泡剤 […]

詳細はこちら

歯ブラシ

35

歯ブラシは何をつかえばいいいの? 電動ブラシはつかっていいの?   あなたはこの質問を歯科でされたことありますか? 実際、このような質問をよくされます。   ドクターそれぞれの考え方があるので 正解というのはないですが 私が伝えているのは 一般の方には「やわらかい~ふつう」 手の不自由な方、もしくは力が弱い方には「固め」 のものを推奨しています。   理由として力強く磨いてしまうと歯の表面や 歯ぐきを傷つける原因になってしまうからです。   とくに磨いてほ […]

詳細はこちら

歯ぎしり

51

歯ぎしりしてませんか??と歯科に通われてて言われたことはありませんか? すいません、久しぶりの更新になってしまいました。   口腔内を診ていく上で ・歯の表面に亀裂が入っている ・下の内面に骨が出っ張ってる ・歯の咬合面(咬むところ)が磨り減ってる というのを見ることがあります。   原因として今一番有力なのはストレスを解消するためという説ですが 職業柄の方であったり、噛む力が強かったりと 原因自体はいろいろ考えられるもので 治し方というのが一律ではないため よく診ていかない […]

詳細はこちら

施設紹介 ~その3~

前回の位相差顕微鏡の話はどうだったでしょうか?? 細菌を目に見える状態(動画)で説明すると 患者様は最初おっかなびっくりな反応になりますが 説明をしっかり聞いてくださるため 次回来院された際は磨きもしっかりしてくださることが 多く、ケアの手助けとなっております。   半個室の部屋 現在、歯科診療所の部屋に関してはオープンスペースな環境よりも 個室を好まれる傾向があるようです。 お子様にとってはオープンなスペースのほうが圧迫感がなく 良いこともあるようですが、大人、特に女性の方にはこのよ […]

詳細はこちら

施設紹介 ~その2~

歯科で使う顕微鏡とは? 皆様ゴールデンウィークはどうだったでしょうか? あっという間に1ヶ月という時間が過ぎ、最初のころのようなバタバタは なくなってきましたが、まだまだ落ち着くまでに時間がかかりそうです。   前回は歯科用CT、セファロを含めたレントゲン写真のお話を させていただきました。 今回紹介するものは位相差顕微鏡の話になります。 歯科で顕微鏡?と思われる方がほとんどだと思いますが 現在では細菌をある程度特定して、その状況に応じて 治療の流れを決めていくということができます。 […]

詳細はこちら

施設紹介 ~その1~

せっかくのリニューアルなので何が変わったのかを ひとつずつ解説していきたいと思います。   まず大きく変わったのはレントゲン設備になります。 どう変わったかというと 開業以来使っていた20年物のアナログレントゲン写真(手現像)に別れを告げ 撮影したらすぐに見ることのできるデジタルになりました!   最新式の機械を入れることで、今まで見ることのできなかったところまで 見ることができ、見落とすことが少なくなるという優れものです。 イメージとしては視力0.5から1.0になったと思っ […]

詳細はこちら

ご不明な点はお電話で 058-295-0020