岐阜県岐阜市長良にある、一般歯科・小児歯科・訪問診療を中心とした、長良ヶ丘歯科の
公式ホームページです。

長良ヶ丘歯科 お母さんも安心の歯医者さん
058-295-0020
一覧へ戻る

歯の神経

神経の役割

0167060001

虫歯が大きくなって痛みがひどくなってきた場合
歯医者から言われる一言が

 

虫歯大きくて、神経まで届いてますね・・・
神経をとりますね

 

このようにいわれた方がたくさんいると思います。

 

神経の役割にはどんなことがあるのかを
聞いたことがありますか??

歯に栄養を与える
歯に血液をいきわたらせて丈夫にしてくれる
刺激を伝える
歯にひびが入ったり、変化があればわかるようにしてくれている
感覚を伝えてくれる
痛い、熱い、冷たいなどの感覚を伝えてくれる

というものがあります。
神経を取ることで起こることといえば・・・

メリット
痛みがなくなる
虫歯の感染を取り除くことができる

デメリット
歯が脆くなり割れる危険性がある
歯が黒ずんでいく
感覚がなくなるため、冷たい・熱いなどがわからなくなる

ということがあげられます。

 

では実際にどう治療をしていくのか・・・

0167060002

虫歯になっているところを完全に取り除きます。

そして神経の入っているところにファイル(針のようなもの)を入れて

中をきれいにしていきます。

根の先のほうまで届くようにファイルを入れていきます。

絵だけで見るとわかりにくいのですが、実際は細かく枝分かれしてるため

感染しているところが取り除けるように広げていきます。

そのあと薬をいれて、中から効くようにしていきます。

0167060004

上記の作業を2~3回繰り返し行い、感染している部分を

取り除いた後最終的な薬を入れて蓋をします。

閉じた後に痛みが一過性にでることがありますが

徐々に落ち着いてくることがほとんどなので、様子を見るために

期間をあける場合があります。

0167060007

薬を入れた後、問題ないと判断した場合、今度は被せ物をするために

土台をしっかりさせる必要があります。

そのため、歯の残り具合によって、歯の型をとらせてもらい、金属の支柱を

入れるようにするか、レジンといわれるプラスティックの土台を入れていく

状態をつくります。

0167060008

土台が入った後、上に被せるためのものを形成し、被せていきます。

ここまでできて治療としてはいったん終了になります。

 

治療回数としては神経を取る治療で2~3回

被せ物の治療で2~3回(型を取る回数で増えるため)

状態によって神経を取る治療の回数が増えることもあるため

計4~6回をあくまで目安として考えていただけると助かります。

 

できれば神経を取る処置はしないほうがいいですが

早めに処置をしないといけないこともあります。

異変を感じたら早めに来院するようお願い致します。

  • 初めての方へ
  • 診療案内
  • 〒502-0817
    岐阜県岐阜市長良福光2642
    ☎059-295-0020

    • お車でお越しの方へ
    • 駐車場について
  • 子どもの治療について
  • 訪問治療について
  • Blog
  • LINE@
  • Page top