岐阜県岐阜市長良にある、一般歯科・小児歯科・訪問診療を中心とした、長良ヶ丘歯科の
公式ホームページです。

長良ヶ丘歯科 お母さんも安心の歯医者さん
058-295-0020
一覧へ戻る

入れ歯のお話

4

歯のなくなったものを補うものとして使われるものとして

・義歯(入れ歯)

・ブリッジ(歯のない両隣の歯にかぶせ物をして補う)

・インプラント

という方法がありますが

今回は義歯のお話をしようと思います。

 

ちょっと余談になりますが、入れ歯の歴史ってご存知ですか?

現存している日本最古の入れ歯は1538年74歳で亡くなられた

仏姫(中岡テイ)という尼層が使われていた木製の義歯になります。

m02-01 m02-02

黄楊(つげ)という木から彫って作られているため

歯と歯肉の境界もなく、一体型のものになっています。

これを作るのは相当大変だと思いますが、今の形とそんなに

変わらないのだなと感心させられます。

 

そこから月日は流れ、現在使用されている義歯が

img_0053

(左半分が金属床義歯、右半分が保険で使われる全部床義歯)

img_0054

(左がマグネット義歯、右が保険で作る部分床義歯)

というようにだいぶ歯肉の色に近い材料と

歯の色も白くなっています。

 

保険でできる範囲ではレジンといわれるプラスチックの材料で

歯肉の部分を作り、歯の部分も硬質レジンといわれるより硬い

プラスチックのもので作っていきます。

 

自費にはなってしまいますが金属を用いたものを使用することで

薄く、強度のある義歯を作ることもできます。

img_0055

上の写真では少しわかりにくいかもしれませんが

大体2分の1ぐらいの厚みになっています。

 

口の中に異物がはいるため、どうしても違和感が出やすいので

薄いほうが感覚として良いとされています。

 

作製期間としてはどちらも約1ヶ月(週1回の来院計4回)ぐらいが

目安になってきます。その間、歯がないという不自由をおかけします。

 

できれば歯が抜けず、自分の歯で過ごしていただきたいのですが

必要であればご自身にあったもので咬む機能を少しでも

回復させていければと思っております。

  • 初めての方へ
  • 診療案内
  • 〒502-0817
    岐阜県岐阜市長良福光2642
    ☎059-295-0020

    • お車でお越しの方へ
    • 駐車場について
  • 子どもの治療について
  • 訪問治療について
  • Blog
  • LINE@
  • Page top